プロジェクト紹介

市町村保有施設等を利用したモンゴル人労働者専用寮による地方創生事業

集団生活で育む異文化理解と地域との共生


【担い手不足の産業活性化と人口増加を実現します!】
・農業領域
・建設領域
・介護領域

【優秀な人材の安定供給を実現します!】
モンゴル協会では、各産業領域(農業・医療・工業)の専門課程を履修した新卒者(既卒者含)を日本に迎え入れるため、モンゴル国立農業大学、モンゴル国立医科科学大学、モンゴル工業技術大学、モンゴル高等専門学校の学長、副学長および総長を理事として迎え入れる準備を進めております。

【ボランティア活動等を通じて地域との共生を推進します!】
夏は草刈り、冬は除雪・雪下ろし、災害時は復興支援と高齢化する地域に対するボランティア活動を集団で行う事で地域住民とモンゴル人労働者との共生、共存を推進します。

【眠っている閉校等の活用による地方創生を推進します!】
道内10を越える土地・建物に対し、複数の市町村から有効利用の打診があります。(平成30年10月末現在)